女性の興奮を高める、効果的な愛撫とフェザータッチの仕方

フェザータッチのポイント

フェザータッチのテクニックとしては、二つの事が重要になってきます。

 

一つ目は実際の触れかたで、これは肌にしっかりと触れるというよりは、あとちょっとで肌に触れそうなくらいのギリギリさを意識することが大切です。

 

そして二つ目は触れる箇所そのものです。

 

例えば胸に触れる場合、一番感じる乳首にフェザータッチするのではなく、その近くに触れるようにして、敢えて乳首に触れるのを避けるようにしてください。
つまり、身体のどこに触れるにしても、肝心の箇所に触れるのではなく、その周辺に触れる意識が大切です。
触れ方と触れる位置、これがフェザータッチにおける重要なポイントになります。

 

また、フェザータッチは性感帯に近くなくても有効で、背中や首筋にフェザータッチを行うのもおススメです。

 

 

愛撫の目的は焦らし

愛撫の目的は女性を感じさせることにありますが、ではどうやって感じさせるのが一番いいのか、その答えとなるのは焦らしです。
つまり、“愛撫の目的=女性を焦らすこと”という答えになります。
そして、そんな焦らしに非常に効果的になるのがフェザータッチなのです。

 

上記のポイントで紹介したことを意識して実際にフェザータッチをしてみてください。

 

女性としては、感じる場所をなかなか触ってもらえず、際どい箇所にそっと触れられることで、早く気持ちいい箇所を触ってほしくなります。

 

こうやって焦らすことで、“早く乳首を触ってほしい”、“早く性器を触ってほしい”と思わせられるのです。

 

女性はこうした気分の高なりには敏感で、いきなり触る場合と比べると、格段に濡れて興奮します。

 

フェザータッチを利用した愛撫でしっかりと焦らし、女性の気分を高めさせてから本格的に責めるように意識してください。

 

特に濃厚なエッチを目指す場合には、こうした方法は必須になってきます。

 

 

愛撫そのものにも流れがある

エッチには流れがあり、雰囲気作り、愛撫、挿入の順番の流れになります。
しかし愛撫そのものにも流れがあり、それを忘れてはなりません。

 

フェザータッチを使ってじっくりと焦らして女性を濡れさせ、そこから徐々に激しく責めていく”、この流れをこなしてこそ、完璧な愛撫と言えるのです。

 

キスからHまで