女性に聞いた「あなたが喜ぶ前戯の長さ」をまとめました。

女性が喜ぶ前戯の長さ

 

女性を絶頂させるのは男性にとって夢であり強い願望です。
絶頂して快感に身を震わせる女性は何とも魅力的で、男性の支配欲や達成欲を刺激します。
しかし、世の中の女性の6割はパートナーとのセックスで絶頂を感じていないという信じがたい結果も出ています。
そこで、女性を正しくイカせるための方法をお伝えしたいと思います。

 

最初に抑えておきたいイカせるポイントは、前戯の長さについてです。
前戯は女性器を濡らしますし、気持ちを高める上で非常に重要な要素です。
キスや柔らかい愛撫、クリトリスの刺激やクンニが前戯で有効となります。

 

キスからHまで

 

前戯の長さ

 

さて、大抵の男性であれば女性に対して前戯を行っているでしょう。
問題は前戯の長さなのです。

 

女性が喜ぶ前戯の長さは15分から20分とされています。
中にはもっと短い時間、あるいは長い時間を希望する女性も居ますが、平均するとこのぐらいになります。
1時間以上前戯をしている男性は、パートナーの女性に前戯の時間が適切か確認してみるのも良いでしょう。
前戯の長さがセックスの満足度を決めると言っても良いぐらい大切です。

 

セックスの前戯

前戯される女性は男性からの愛情を感じるため、セックスへの気持ちがとても高まるのです。
これがあるだけで絶頂を迎えやすくなるので、イカせたいと思っている男性は前戯に力を入れましょう。
キスや愛撫、クンニの時間配分は人それぞれですが、少なくとも合計で15分から20分は行うべきです。
テクニックがある、愛情のこもっている愛撫をしていればその時間で十分に濡れるのです。

 

もし、女性が我慢できないとおねだりしてくるようであれば、前戯は大成功だと言えます。
正しく女性をイカせるためにも、女性が感じる愛撫を15分から20分行うようにしましょう。
ヘタクソな愛撫を何分続けても女性の気持ちは高まらないのです。

 

前戯の時間について紹介しましたが、これはあくまでも1つの目安にしてください。
チラチラと時計を見ながら前戯するのは野暮というものです。

 

また、女性によって求めている前戯の長さは違いますし、その日の体調でも変化します。
女性の表情や仕草をじっくりと観察して、前戯が十分かどうかを見極めましょう。
お互いに強い愛情があれば自然と本音が分かるようになるのです。