男性だけじゃない、女性もほぼ全員がオナニーを楽しんでいる。

女性の自慰行為

オナニーイメージ

あるアンケート調べによると、女性の94.8%はオナニー経験があるという。
男性はほぼ100パーセントに近いとは思うが、女性もほとんどはやっているのである。
ここで注目したいのは、男性が「快楽を得るために」行うことが目的であるが、女性の場合は「リラックス」目的が多いとのこと。
あこがれの相手を思い浮かべながら、想像にふけりオナニーをする。
男性に比べ、生理等、ホルモンバランスが変化しやすく、心と体の調子を崩しやすい女性にとっての、大事な心と身体の大事なケアなのかもしれない。

 

このことは、最近女性用のAVが増えてきたことでもわかる。
「女子のためのアダルト無料動画」といった類のサイトが非常に増えてきた。
男性向けのAVとは違い、直接的なセックス行為そのものよりも、そこに至るまでの過程やストーリーに重点が置かれている点は興味深い。
一つ思ったのだが、これは男性が見ても非常に面白いのではないか。いわゆるAVとしての使用法や鑑賞法ではなく、「女性が何を求めているか」ということを勉強できる貴重なツールとなるのではないか。
これら女性用のアダルト動画を研究し続けることは、男性にとっても「どうしたらモテるか」「どうしたらセックスまで関係を深めることができるか」を知ることのできるいい教材となる。

 

最近知り合った女性は、性感を「自分で開発した」と言っていた。
男性と違い、女性の性感は少しづつ時間をかけて開発されていくらしい。
最初はくすぐったいだけの部位、場合によっては痛みを感じてしまう部位が、時間の経過や経験とともに「感じる部位」に変化していくという。
彼女の膣奥の快感は、オナニーを繰り返すうちに少しづつ開発され、今では最高レベルに快感の大きな部位に変化したそうだ。努力の成果だという。

 

逆に言えば、経験の浅い女性のとっては、男性がAVで得た知識で「気持ちよくて当たり前」と思っていた部位でも、あまり気持ちよくなかったり、くすぐったかったりするだけの場合もあるといえる。
2人でセックスを繰り返すうちに、快感部位を発掘し、開発していく作業。これは男性にとっては最高に幸せな作業とも言える。