男性よりもはるかに敏感な女性のアソコはどう責めれば良いのか?

女性のアソコの攻め方

痛いと思わせない配慮が最優先

指と舌を使う点や、クリトリス、性器の中、周辺などの攻める箇所も考えると、女性のアソコへの攻め方は多彩で、その分男性のテクニックに差がでる部分でもあります。

 

このため、エッチに慣れていない男性は女性のアソコを攻める上で不安を感じるでしょうし、どういった手順で攻めればいいのか迷ってしまいがちです。

 

エッチに慣れていない男性の場合、まずは攻め方そのものよりも、女性に痛みを感じさせない意識をするところからはじめるのがおススメです。

 

性器の敏感さは男性より女性の方が格段に上だと言うのは、ほとんどの男性が知っている事実です。つまり、男性以上に快感がある分、痛みに対しても男性以上にあるということになります。

 

痛いと思わせるような攻め方をしてしまうと、その男性とエッチするのが苦痛になってしまうので要注意です。

 

 

痛くない攻め方を意識

触れるにしても、舐めるにしても、“そっとやさしく”を意識することが重要ですし、男性が思っている以上にこれをそっと攻めてもいいくらいです。

 

攻める手順としては、まずは性器周辺に触れ、そのままゆっくりと直接性器に触れます。

 

そして割れ目を開いて性器の中身を露出させた後、中身をやさしく刺激して、同時にクリトリスも刺激します。
指と舌を使い分けるのが理想的ですが、完全に交互に使い分けてしまうとパターン化してしまうので、それを感じさせないよう、指と舌を使いわけてください。
そして、どちらの攻めの場合においても、“そっとやさしく”を常に意識するようにしてください。
前戯だけでなく後戯も大事にすることも重要です。

 

女性の自慰行為の秘密

 

慣れないうちは、「痛くない?」なんて声を掛けるのもいいでしょう。

男性にとっては“そんなのテクニックに自信のない男が言うセリフだ”、なんて思うかもしれませんが、女性の身体を気づかっているという意味で、決して減点対象にはなりません。
“イカせてやろう”よりも、“痛くないようにしよう”の気持ちを意識した攻めを展開してください。

 

 

一言アドバイス

自信のない男性は、次の二つを守ってください。

 

一つ目は爪をきちんと手入れしておくことです。

爪が伸びていればひっかけた時に女性が痛がります。
ただ爪を短くするだけでなく、きちんとお手入れして、とがった部分がないようにする注意も必要です。

 

二つ目は性器を攻めるまでに女性を充分濡らしておくことです。

性器が濡れていればある程度の摩擦でも痛みを感じないので、ここに到達するまでの愛撫で充分女性を感じさせておくと攻めやすくなります。